リフォーム・リノベーションをご検討の方必見!大阪で口コミや評判の高いリフォーム・リノベーション業者を厳選してご紹介します!

相見積もりはするべき!?見積もりの正しい読み解き方を徹底解説

公開日:2020/04/15  

大阪でリフォーム・リノベーションをしようとする場合、見積もりを取るのが普通です。さらに1社だけから取るのが複数の会社から取るのかは迷うところです。原則は複数の会社から取るにしても、手間がかかることになります。どんな時に相見積もりが必要かを知っておくことは、リフォーム・リノベーションをする場合に必要なことです。

リフォーム・リノベーションをどこに依頼したらよいかの考察

大阪でリフォーム・リノベーションをする場合、依頼先を決めなければなりません。自分でDIYをする以外は、専門の会社に任せるのが一般的です。大阪にはリフォーム・リノベーションを請け負う会社が数多く存在します。その中で依頼先を一つに絞るのは結構大変なことなのです。

簡単に会社を絞るには自宅の郵便ポストに差し入れられたチラシに書いてある会社や、電話で勧誘を受けたところに決めることもできます。さほど金額が高くない買い物の場合はそのような方法でも良いでしょう。しかし、リフォーム・リノベーションに費やす金額は結構大きく、依頼先は慎重に決めなければなりません。

適切な会社があるかどうかはインターネット社会の現代では比較サイトの利用が便利です。そこに掲載されている会社を中心に、口コミなどを参考に選ぶのが今のスタンダードな方法となります。

その場合、会社を比較する方法はサービスや技術力の他、価格の高低を比べる方法も考えられます。サービスや技術力に差がない場合は、価格で決めるのが自然かもしれません。

一方、サービスや技術力を確かめずに、価格だけで決めるのは危険です。低価格の結果を出してくる会社の中には、技術力がなくサービスが悪いところも存在するのです。そのような会社を省くためには、サービスや技術力の調査も大切となります。そのためにも、比較サイトの積極的な利用が望まれるのです。

リフォーム・リノベーションにおける価格の出し方

大阪では多くのリフォーム・リノベーションを請け負う会社が存在しますが、価格の出し方は必ずしも一様ではありません。すなわち、異なった出し方で算出された価格はあてにはならないということです。利用者は提出された価格がどのような手法で算出されたのかを理解する必要があります。

リフォーム・リノベーションの会社が見積もりを依頼された場合は、それぞれ会社独自の方法で価格を算出することになります。会社によっては詳細な積算をせずに、暗算程度で簡単に工事費を出す場合もあるでしょう。また、まじめな会社では数量の積算をした上で、細かな作業をするところもあります。一般的には暗算程度で価格を出す会社よりも、詳細な積算により価格を出すところの方が技術力も高く、信頼できると言ってよいでしょう。

また、本工事と別途工事を巧妙に区分けして工事費を出してくる会社もあります。本来必要となる部分を別途工事とすることで本工事を安く見せる方法です。利用者はそのことを見破らないと、誤った選択をすることになります。

相見積もりを依頼する場合は前提となる工事範囲と種別を明確に会社に伝える必要があるのです。なるべくなら図面を作成し、依頼する会社により前提となる工事内容が異なることの無いようにする必要があります。そのような配慮があって初めて、価格の比較ができることになります。

相見積もりの依頼方法と最終的な会社の決め方

サービスや技術力に差がなく、価格だけが問題となる場合は相見積もりを依頼する方法があります。一方、サービスや技術力に差がある場合は、最も評価の高い会社にだけ依頼する方法も考えられます。そうすることで複数社に依頼する手間が省け、早く工事に着手することができるのです。

複数の会社に依頼する場合は、工事内容を差異なく伝える必要があります。会社により依頼する内容が異なる場合は、結果として提出される金額にも違いが出て、比較検討はできません。各社に同じ内容の依頼をすることで、公平な見積もりが可能となるのです。

会社に依頼する場合は、異なる時間に担当者を呼ぶ必要があります。もし、どこに依頼したかを各社にわかってしまうと、談合をされる恐れが生じます。談合は業者同士が結託して金額を高くし、順番に工事を受注する約束をすることで最大の利益をあげようとするものです。談合をさせないためにも、どこに依頼したかは伏せておくのが賢明となります。

相見積もりが上がってきた場合は、通常は最低価格の提示者に工事を依頼するのが一般的です。選をもれた会社に対しては、事後に理由と共に結果を連絡することが礼儀となります。最終的に依頼する会社を決める場合は、提出された見積書の内容をチェックする必要があるのです。異常に安い金額の項目がある場合は、何かが抜けている可能性が高くなります。

 

大阪でリフォーム・リノベーションをする場合の相見積もりの利用方法は以上となります。単に価格だけを比較するのではなく、サービスや技術力も併せて比べることで、間違いのない依頼先を見つけることができます。相見積もりは適切な会社を見つけるための一つの手段にすぎません。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧