リフォーム・リノベーションをご検討の方必見!大阪で口コミや評判の高いリフォーム・リノベーション業者を厳選してご紹介します!

床のリフォーム|どの床材を選ぶ?種類や特徴のまとめ

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/15

大阪で床のリフォーム・リノベーションをする場合は、最低限の知識を得ておくことが望まれます。床材の種類や特徴を知っておくことで、間違いのない選択をすることができるのです。住宅の中でも床は材料に直接触れる部分なので、特に選択が大切となります。歩きやすさや質感も大切ですが、メンテナンスの手間や耐久性を求めることも必要です。

床材に必要な性能と代表的な種類分け

大阪で床のリフォーム・リノベーションをする時には、必要となる性能を知っておくことが大切です。床は歩くためにあるので、滑りにくく、強度が求められます。水をこぼしても大丈夫な耐水性や汚れに強い性質も必要となるのです。

滑りにくさは玄関など、外部に通じる場所で必要となります。表面のつるつるしたタイルや石材は濡れた時に滑りやすいので注意が必要です。

外部に通じる場所では滑りにくいタイルや自然石が適しています。これらの素材は耐久性があり、滑りにくい材料です。床の強度は板材の場合はその材料が持つ強さが影響し、ビニルシートの場合は下地材の強さが影響します。

キッチンや洗面所、トイレなどの水回りは一定の耐水性が必要です。耐水性が必要な場所ではフローリングよりもビニルシートやコルクタイルが良いでしょう。フローリングは何もコーティングしていなければ、水に弱い材料なので注意が必要です。施工してしばらくは美しさを保つ床材も、使い続ける間に劣化します。材料が新しい時期は短く、すぐに古くなってしまいます。

床材を選ぶ場合は長く美しさを保つものを選ぶ必要があります。フローリングでもコーティングしたものは、長く美しさを保つことができます。コルクタイルや無垢のフローリングも長期間、美しさを保ちます。床材を選ぶ場合は、どんな性能が要求されるかを考えることが大切です。

汚れの目立たないフローリングの選び方

大阪で床のリフォーム・リノベーションをする時は、フローリングが選択肢となります。複合フローリングは集成材や合板の上に薄いシートを張ったものです。張られるシートは天然木のものが多く、この部分が実際に表面に現れます。

表面材にはウォールナットやブラックチェリー、チークやローズウッドなどの広葉樹系統のものがあります。また、パインやヒノキのどの針葉樹系統のものもあります。一般に針葉樹のものよりも広葉樹の方が強度もあり、踏み心地も固く感じるはずです。

複合フローリングは種類が多く、求めやすい価格帯の商品がそろっています。施工後はしばらく、きれいな状態で使うことができますが、使うとともに表面がすり減ってきます。

使えなくなることはめったにありませんが、表面が擦れた状態が続くことになります。表面の摩耗を防ぐにはセラミックなどをコーティングしたものを使う必要があります。その場合は歩き心地が固く感じられますが、劣化は遅くなるのです。

水回りはフローリングよりもビニルシートが使いやすくなります。水回りはさほどの強度も必要とされないので、床材がすり減ることはありません。ビニルシートは水を通さないので、劣化は遅くなります。キッチンは床の感触が大切なので、コルクタイルなどが適しています。コルクタイルは耐久性と耐水性を備え、踏み心地も良い材料です。

時間が経つほど輝きを増す自然素材

大阪で床のリフォーム・リノベーションをする時には、本物の材料である無垢のフローリングを使いたいものです。複合フローリングは合板なのに対して、無垢のフローリングは全てが自然の木材なのです。そのため、乾燥が完全でない場合は反りなどの現象が発生することがあります。しかし、初期の変形が落ち着いてくれば、長く使える材料なのです。

無垢のフローリングは複合フローリングと異なり、表面だけでなく全体が同質の材料となっています。そのため、表面が摩耗しても、次々同じ材質が出てきてくれます。すなわち、何年使い続けても、初期の輝きを保つことになります。

無垢のフローリングは一般に施工が難しく、どの会社でも施工してくれる訳ではありません。依頼する場合は施工実績のある職人さんを探す必要があります。材料費と工事費も高い傾向ですが、長期間使えるので費用対効果は高いと言えます。

無垢のフローリングの材質は、経年変化で独特の深みが出るパインや独特の芳香があるヒノキがあります。さらに、高い耐久性と耐水性を備えるオークや昔から日本で使われているスギも選べます。スギは肌触りも良く、赤ちゃんにも優しい材料とされています。

さらに無垢のフローリングは調湿作用があるので快適な室内空間が保てる他、複合フローリングよりも高い断熱性を示します。本物の持つ重厚感は、そこに住む人々の暮らしを豊かにしてくれるでしょう。

 

大阪でリフォーム・リノベーションをする場合は、最新のトレンドを取り入れることが求められます。床に関しては複合フローリングだけでなく、無垢も使われるようになりました。狂いの少ない素材も開発されているので、以前よりストレスなく採用することができます。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧