リフォーム・リノベーションをご検討の方必見!大阪で口コミや評判の高いリフォーム・リノベーション業者を厳選してご紹介します!

建て直しとリノベーション【コスト】を抑えられるのはどっち!?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/25

新築の一戸建てを建てた時はとてもキレイで住み心地が良かったのに、年月が経つにつれて不具合が生じ住みにくくなってくるのではないでしょうか。そうなるとリフォーム・リノベーションか建て直しを検討する方が多いです。

今回は大阪の一戸建てを所有している方に向けて、リフォーム・リノベーションと建て直しのコストについて比較してみます。

リフォーム・リノベーションと建て直しの違いとは?

リフォーム・リノベーションとは、既存の部分は残しつつ、改築や改造、増築などを行うことをいいます。キッチンやトイレ、お風呂などの水廻りや屋根や外壁などの傷みやすい部分だけをリフォームする方法や壁紙など目に見えるものすべてを新しくするフルリフォームなどさまざまな方法があります。

リノベーションはマンションなどで用いられる方法で、マンション内部をすべて解体撤去してコンクリートをむき出しの状態にしてから新しく内部を造り直す方法です。リノベーションは最近人気を集めています。

一方建て直しは、既存の住宅を基礎部分から取り壊して、新しく1から住宅を建築する方法です。実はすべての住宅が立て直しできるわけではありません。建築基準法に定められた基準に達していなければ、建て直しをすることができないので、しっかりと確認することがポイントになります。大阪で建て直しを考えているのであれば、自分の住宅が再建築不可物件であるかどうかを確認することから始めましょう。

このようにリフォーム・リノベーションと建て直しは一見似ているようにも感じますが、実はそれぞれ異なる点があります。大阪でこれらの工事を検討しているのであれば、コストも違いがあるのでしっかりと確認することが大切です。その確認をしっかり行わないと、いざ工事をしようと考えた時に予想していたより高い金額になってしまうことがあるからです。

リフォーム・リノベーションと建て直しを特徴で比較しよう

リフォーム・リノベーションの工事の前提は、既存の住宅を活かしつつ改修していく点です。費用相場は内容によって大きく異なりますが、約300万円から2,000万円程度です。

改修費用以外の諸経費は基本的にはなく、検討目安の築年数は水廻りや屋根、外壁などの部分的なところであれば築10~20年、大規模リフォームは築20~30年が目安となっています。間取りは一部制限がありますが、工期は標準的なものであれば約1ヶ月という早さで終わるという特徴があります。

一方、建て直しの場合、工事の前提は既存の住宅をすべて解体して1から自由に設計していく点です。費用相場はこちらも内容によって異なりますが、約1,000万円から4,000万円です。改修費用以外の諸経費は、解体費や破棄費、建て替え期間の仮住まい費用や引越し費用などがかかります。検討目安の築年数は30年で、間取りは自由に設計することができます。工期は約4~6ヶ月と少し長いです。

これらの特徴をみてみると、リフォーム・リノベーションの方が工期やコストをカットすることができます。しかし建て直しだと自由な間取りを選択することができるので、こだわりのある家にしたいのであれば建て直しが最適です。それぞれにメリットやデメリットがあるので、大阪でこれらの工事をする場合は、メリットやデメリットしっかり確認した上で行うようにしましょう。

建て直しのコストを抑える方法とは?

建て直しはリフォーム・リノベーションよりコストが高くなる傾向ですが、費用をなるべく抑えるポイントが何点かあります。それは何かというと取り壊し業者と建てる業者を同じにすることです。

同じところにすることによって手間賃などを少し省くことでき、費用を抑えることができるからからです。さらに打ち合わせや支払いを一度で行うことができるので、手間を省くこともできます。

設備はできる限り標準グレードにすることも大切です。ショールームなどでキッチンや浴室を見ると、どうしてもグレードの高いものがよく見えますが、本当にその設備や機能が必要かどうかよく考えることがポイントになります。お風呂の棚を一つなくすだけで何万円もカットできる場合があるので、せっかくだからといって何でもかんでも取り付けないようにしましょう。

いくつかの会社に見積もりを出してもらい、その中から価格やサービスを検討することも大切です。なぜいくつかの会社に見積もりを出してもらうのがいいのかというと、会社によっては高すぎたり安すぎたりする価格を出してくることがあるからです。

したがってこの工事をする場合は、数社に見積もりを出して、だいたいの相場がどうなっているかを把握することがポイントになります。そのようなことを行うことによって、費用を少しでも抑えて工事をすることができるからです。

 

リフォーム・リノベーションと建て直しでは、リフォーム・リノベーションの方がコストを抑えて工事を行うことができます。ただし、建て直しも取り壊し業者と建てる業者を同じにすることや標準グレードにすることによって、費用を抑えることができます。これらのことをよく理解して、どちらかの工事を選ぶようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧