リフォーム・リノベーションをご検討の方必見!大阪で口コミや評判の高いリフォーム・リノベーション業者を厳選してご紹介します!

【悪質】リフォーム詐欺業の手口を見破る方法とは?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/19

持ち家に住んでいる方であれば20~30年が経過するとリフォーム・リノベーションの必要が生じる場合があります。自宅の改装したり、補強工事をする場合は工務店などに作業を依頼しますが、悪質な詐欺業者が存在するので注意が必要です。

詐欺業者の被害に遭わないようにするためには、悪質業者の手口を見破るための知識を得ておくことが大切です。

悪質リフォーム業者の手口で多いパターンとは

住宅のリフォーム・リノベーション工事を考えている方であれば、悪質業者の手口を知っておくと良いでしょう。地域ごとに手口やセールストークに違いがありますが、多くの詐欺業者が使う文言があります。

詐欺業者が使う宣伝文句で多いのは「無料見積」「無料点検」「無料工事」です。無料という甘い言葉に惹かれて工事を依頼したつもりが、後になって高額な工事代金が請求されるというパターンが少なくありません。

特に大阪や京都はお金にシビアな人が多いため、このような県民性を逆手に取って「無料」を謳う悪質業者が多いようです。「無料」に並んで多い詐欺の手口は、不安を煽って不必要な工事をするというパターンです。

依頼していないのに勝手に屋根や外壁の点検を行い「このままでは家が崩壊する」「地震(台風)が来たら倒壊の恐れがある」などと不安を煽って工事の契約を結ばせようとします。不安を煽ることによって利用者に考える暇を与えずに工事をさせて、不必要な部分まで作業を依頼させます。

日本は高齢化社会を迎えていますが、認知症の高齢者を狙った悪質な詐欺も増えています。大阪にあるリフォーム会社が、認知症の女性に不要な工事をさせたという事件が発生しています。東京や大阪などの大都市部で増えている1人暮らしの高齢者を狙う手口は、今後も増えることが予想されます。事前に悪質業者が使う手口を知っておくことで、被害に遭わないようにするための対策を講じることができます。

工事を依頼する前にユーザーが基本的な知識を得るべき理由

リフォーム・リノベーション関連の工事で悪質な詐欺業者が多い理由のひとつは、ユーザーの多くが専門的な知識を持っていないことです。例えば日用品や食料品であれば、誰でも品質の良し悪しや値段の妥当性を判断することができます。これに対してほとんどの人は建築物に関する専門的な知識を持っていないので、リフォーム・リノベーション工事の必要性や費用の妥当性について正しく判断することができません

一般の人々が建築に関係する知識を持っていないことを悪用した手口が非常に多く、専門用語を並べて理解できない説明をする業者は特に要注意です。一般人の無知につけこむ詐欺の手口を見破るためには、工事を依頼する前にユーザーの側が住宅のリフォーム・リノベーションに関係する基礎的な知識を身に着けておくことが大切です。

例えば、工事の必要性や作業・資材費用の標準的な相場(1平米あたりの費用など)を事前にある程度把握しておくことができるでしょう。基本的な知識があれば、業者が提示したトータルの見積もりの金額や工事の必要性・料金の妥当性などを正しく判断することで、詐欺被害に遭わないようにすることができます。

インターネット上のサイトや動画投稿サイトには、専門家が分かりやすく解説したページや動画などがあります。インターネットを活用することで、お金をかけなくても住宅工事に関する情報や一般的な相場を知ることが可能です。

良心的な業者を見分けるために利用者が行うべきこととは

悪質な業者はほんの一部ですが、自宅のリフォーム・リノベーションを計画している場合は良心的な業者に工事を依頼するために行うべきことがあります。詐欺の被害に遭わないようにするために最初に行うべきことは、工事を依頼する前に基本的な知識を習得することです。事前に見積書のチェックポイントを押さえておけば、良心的な会社を選ぶ際に役立つでしょう。

実際に工事をするためには施工業者を選ぶ必要がありますが、必ず複数の工務店に見積もりを依頼して比較・検討をすることが大切です。各会社の担当者から個別に工事の必要性や費用についての説明を受けることで、良い業者と悪い業者を見分けやすくなります。悪質なリフォーム業者は他社と比較されていることに気づくと、“無料サービス”を強調したり不安を煽って契約を急がせようとします。“無料”の甘い文言や不安を煽るようなことを言われた場合でも、感情的にならずに理性的に判断することが大切です。

大阪の悪徳リフォーム業者が認知症の女性を騙して不要な工事をおこなったというニュースが後を絶ちませんが、親や親類などで詐欺に狙われやすい高齢者がいる場合は周囲の人がサポートをすることも大切です。子供のために残すために貯めた財産を悪質なリフォーム業者に騙されて奪われてしまったというケースもあるので、同居していない家族がいる方はこまめに連絡をして状況を把握するようにしましょう。

 

リフォーム・リノベーション工事は費用が高額なので、悪質な詐欺業者の被害に遭うと多額の損害が生じる恐れがあります。詐欺の被害に遭わないようにするためには、悪質業者が使う手口を知っておくことが役立ちます。これに加えて、利用者の側も業者を選定する前に住宅工事に関係する基本的な情報を得ておくことが大切です。良心的な会社を選ぶ際は、比較・口コミサイトを活用することもできるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧