リフォーム・リノベーションをご検討の方必見!大阪で口コミや評判の高いリフォーム・リノベーション業者を厳選してご紹介します!

外壁のリフォームをするならサイディングの種類や特徴を知っておこう

公開日:2019/12/15  最終更新日:2020/01/24

大阪にある家の外壁をリフォーム・リノベーションする際、サイディングを使用しようと考えている人も多いのではないでしょうか。他にも外壁に使える素材がある中で、現在これほどまでにサイディングが用いられる場合が多いのには、それだけ優れた点が多くあるからです。ここではそんなサイディングの種類や特徴についてご紹介します。

リフォーム・リノベーションで使われるサイディングの種類

サイディングとは外壁素材の一種で、サイディングボードとも呼ばれています。板状のもので建物に合わせて貼り付けて使用するのが特徴です。

そしてボードの間には、建物の防水性や気密性を高めるために、シーリング材を使用してつないでいます。大阪の住宅をリフォーム・リノベーションする際にも、よく利用されている外壁材です。

これらのボードには主に4つの種類がありそれぞれ特徴がありますが、どの種類のボードの場合でも施工期間が短くて済むうえ、軽量で耐久性もあるから、現在の大阪の住宅でよく使われている外壁材となっています。具体的には現代の住宅に使用されているサイディングの素材は、大きく分けて4種類あります。

それが窯業系・金属系・木質系・樹脂系と呼ばれているものです。これらはそれぞれ違った特徴があるため、建物のデザインや使用する場所などによってベストのものを選んで使うのがおすすめです。

とはいえ、なかでも最も多くの住宅の外壁に利用されているのは窯業系と呼ばれているものです。現在使われているサイディングの70パーセント程度は窯業系となっています。

一方、あまり使われることの少ないのが樹脂系と呼ばれているタイプのものです。樹脂系はアメリカで誕生した塩化ビニール樹脂が使われている外壁材で、日本では寒い地方で使われることもありますが、まだそれほど多く使われてはいません。軽くて耐水性に優れているのが特徴です。

リフォーム・リノベーションで使われる窯業系サイディングの特徴

日本で最も利用されている窯業系サイディングは、セメント質と繊維質の原料でできています。見た目が良くデザインが豊富にあり、さらに丈夫さや汚れの付きにくさに加えて、施工のしやすさなどのバランスが良いため、リフォーム・リノベーションをする際にも多くの人気を集めている外壁材です。

例えば、木材を素材に使用しているタイプの場合には防火性の点において弱点があったり、樹脂で作られているタイプの場合には遮音性や断熱性の面でデメリットがあったりすることもありますが、その点、セメント質と繊維質でできている窯業系は防火性や遮音性・断熱性などにも優れています。

さらに施工がしやすくメンテナンスにも手間がかからないといったメリットがある点も、この外壁材が人気を集めているポイントといえるでしょう。それに加えて大阪の住宅でも使用されることが多いシェア率ナンバーワンの素材であるため、デザインの種類も豊富にあり選択肢が多いのも特徴です。1平方メートルあたり4,000円から6,000円程度が相場です。

最近ではさまざまな便利な機能を持っている製品も増えていて、その中には雨水によって汚れが洗い流され綺麗な状態を保てる製品などもあります。この製品を使用すれば塗装をする頻度が少なくて済むメリットがあります。また色があせにくかったりひび割れにくかったりするなど、特色ある製品なども発売されているのが特徴です。

金属系・木質系サイディングの特徴

金属を素材に使っているサイディングは窯業系タイプの次によく使用されている外壁材です。汚れがつきにくく丈夫であるうえ、防水性や断熱性にも優れているのが、金属系サイディングの良いところです。金属と一括りにしていますが、具体的にはアルミやスチール・ステンレスなどを使っているものがあります。

アルミは比較的軽く、柔らかいため施工しやすいという特徴があるだけでなく、ほかの金属よりも錆びにくいといったメリットがある外壁材です。外壁に使用すると、金属ならではの質感を生かした外観にすることができます。

スチールは耐久性に優れているのが魅力ですが、錆びを防ぐために塗り替えをする必要があるでしょう。塗装が剥げてくると表面に粉が出てくる状態になりますが、錆びついてしまう前に早めに塗装をするのがおすすめです。

ステンレスはそれほど一般的に使用される素材ではありませんが丈夫で高価です。

天然木を使用している木質系サイディングは、防火性に関してはほかの外壁材に比べて劣るところがあることは否めません。また汚れもほかの素材よりは付きやすい傾向にあります。とはいえ天然木ならではの温かみのある質感やナチュラルな外観が得られるのが魅力です。

年を追うごとに変化していく木材の風合いを楽しみたいという場合にも適しているでしょう。アクセントとなるよう部分的に使用するのも良いアイディアです。

 

大阪で住宅の外壁をリフォーム・リノベーションする場合、選べるサイディングには大きく分けて4つの種類があります。バランスの良い窯業系は最も人気が高い外壁材で、ほかにはアルミやスチールなどの金属系や天然木を使用した木質系、アメリカで人気の樹脂系などがあります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧