リフォーム・リノベーションをご検討の方必見!大阪で口コミや評判の高いリフォーム・リノベーション業者を厳選してご紹介します!

ベランダにリフォームが必要な理由と気を付ける注意点とは?

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/25

建物を長持ちさせるリフォーム・リノベーションは外壁や屋根に室内だけでなく、ベランダでも検討を行う必要があります。ベランダをあまり使わないという人も、劣化が進んでいるので気を付けましょう。

では、ベランダにリフォームが必要になる具体的な例や、気を付けるべき注意点はどんなことになるのでしょうか。

劣化が進みやすいから定期的に点検と補修が必要

ベランダは屋外にあって、洗濯物を干す場所にしたり植木を置いたりなど、いろいろな使い方をする場所です。風雨にさらされているとともに、夏の紫外線や冬の寒さによって、屋外にあるものは劣化が進みやすいです。

建築当初は水をよく弾いてスムーズに排水できていたものが、水がたまりやすくジメジメしたりもするでしょう。手すりに錆や腐食が出たり、壁にひび割れや穴が開いたままになっていたりするのを放置すると、見た目が徐々に悪くなっていきます。建物の耐久性にも影響が出てくる恐れがあるため、完全にダメになってしまう前に点検と補修が欠かせません

ベランダは快適に暮らしていくためにもリフォーム・リノベーションを検討していく必要があります。DIYが人気となり、ベランダ補修に利用できる材料も市販されています。ご自身で見た目よく、修復作業ができる人もいるでしょう。

注意点は、ひび割れや穴などから水が浸透し、内部に被害が及んでいる可能性があることです。見た目にはわからなくても内側にダメージが蓄積している可能性があるため、定期的にプロによる点検は受けなければなりません。

壁などを軽くたたいて空洞やひび割れがないか確かめる調査や赤外線をあてることで異常がないか見ることも可能です。大阪のプロに見てもらって適切な施工を行えば、また長くベランダを安心して活用していくことができます。

防水加工は永久ではないため塗り直しが必要

屋外にあるからこそ、防水加工をしっかりと施しベランダは作られています。でもどんな防水加工であっても、永久ではありません。種類によっては、5年程度で効果が弱まってしまうタイプがあります。

屋根がかかっていても、風雨や紫外線あるいは気温の差などが防水性能を低下させていくことも多いです。大阪で海に近い方は、塩害によって劣化が早まる場合も考えられます。

防水加工は今あるものの上から塗り直しをすると、補修としては十分ではありません。一度はがして下地からしっかりと塗り直していかないと、十分に防水性能が回復しないことがあるためです。重ね塗りは費用が安くて済みますが、今後のことを考えれば丁寧にリフォーム・リノベーションをした方がよいでしょう。

注意点として、防水加工は種類によって価格にかなり差が出てきます。耐用年数も違ってくるため、大阪の専門業者とよく話し合って塗料の選択をすることが大切です。引っ越しや家を建て直す予定などがあるなら、高い費用をかけて直すのもあまり意味がありません。

ずっと住む家で、頻繁に補修費用が出ることを避けたいのであれば、耐用年数が長い方を選んだほうがトータルコストを抑えつつ補修回数を減らせます。手すりも交換すべきか塗り替えで済ませるかは、錆や腐食の状態から選ぶ必要があります。手すりは安全性にかかわるため、引っ越しや建て直しを考えていても、しっかりと直したほうがよいでしょう。

問題点を解決するためだけでなく機能面の向上を目指す

リフォーム・リノベーションを行うとき、点検調査してダメな部分を補修するだけにとどめるのではなく、使いにくい点や不自由している点があれば、それも相談して解決を目指しましょう。思ったより水はけが悪いのは、配管が影響しているか床部分の勾配がよくないことで発生する場合があります。リフォーム・リノベーションでは、こうした問題点を解決させる施工を同時に行うことができます。

ベランダの床の強度を高めたいとか手すりに目隠しを設置したいとか、これまで使ってきた中で不満を感じていた点を直せれば、より機能面をアップさせることが可能でしょう。よりオシャレにしたい植木を並べやすくしたい、テーブルやイスを置いてリラックスできるスペースにしたいといったことも専門業者に伝えると、デザインやカラーなども考慮して提案を行ってくれます。

注意点は、依頼する専門業者の技術によって納得できる仕上がりにならない可能性があることです。防水加工は塗りの甘さがあると効果が半減しますし、壁や手すりの塗り直しも同様です。機能面向上を狙ったのに、あまり変化がないあるいは使いにくくなってしまうということも考えられます。

大阪で専門業者を探すときには、よく検討して選びましょう。しっかりと話を聞いてくれて、理想を具体的にデザインし再現できる技術力と、丁寧な施工ができる業者であれば安心です。

 

ベランダはいつの間にか劣化が進んでいることがある場所ですから、大きなダメージを受ける前に早く気が付いて大阪の専門業者に見てもらうことが得策です。せっかく行うリフォーム・リノベーションで失敗することがないように、目的を持って依頼し、施工業者選びも慎重に行いましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧